2015年4月18日土曜日

ロンドン・エジンバラ・ローマ in 2014



久方ぶりに海外旅行に行ったので更新。2回目のヨーロッパです。2014年11月2日〜10日11月2日11:35東京→(JAL043)→2日16:55ヒースロー→(BA1454)→エジンバラエジンバラ泊 The Caledonian hotel
3日エジンバラ城
4日エジンバラ→ロンドン king X 10:00列車オペラ座の怪人ロンドン泊 The wellsley5日バッキンガム宮殿ビッグベンロンドン塔Ye Olde Cheshire Cheese
6日ロンドン市内アフタヌーンティー in ブラウンズホテルバチカン市国ローマ泊 Hotel Eden
7日ロンドン→(BA)→フィウミチーノRoscioli8日コロッセオトレビの泉ローマ市内9日フィウミチーノ14:15→(BA555)→ヒースロー→19:00(JAL044)→10日東京

2013年5月31日金曜日

熊野古道

再び世界遺産巡りを敢行。中尊寺に続くは熊野古道。

ここも前々から興味があったのですが、東京からだと遠くて機会がなく、やっと身近なところになったので行きました。

熊野古道と言っても、ピンポイントでここというわけではないので、限られた時間では、興味のそそるところへ先ず行くのが先決かと思い。
こんかいは那智大社と那智の滝を目的地に設定。

11時にナビを登録したら、17時30到着予定を出され、名古屋から4時間程なはずが、、
また四国のときに記憶が現れつつも、とりあえず決行させることに。

名古屋高速、東名阪、伊勢道、紀勢道と順調にすすみます。
尾鷲まできっと延伸されるであろう自動車道はまだ一部工事中のため、一般道を挟んで走行。

いつの間にかほのぼのした景色に変わり、山道に。
半島周辺は、伊豆にしても足摺にしても、半島周辺は結構険しい地形なのだと感じつつ、和歌山方面へ。

新宮市へはいり、4時間ほどかけて、間もなく目的地へ。



滝の手前まで車で行ってしまい、そこから先に大社へ。

山を登っていきます。


 入り口














大門坂方面へ下り、滝へ















17時過ぎですが、観光客はまだちらほら。
しかし、道の駅は閉店しているため、勝浦駅へでました。
たまたま入った鮮魚創作和食bodaiというレストランでディナーをいただきました。かなり美味しかった。
下の写真、お茶の天婦羅。








2013年2月5日火曜日

四国半周旅行

初めて四国へ行きました。


名古屋に拠点を移したため、中部国際空港8:40発の松山行きで行きました。
7:20発中部国際空港行き特急ミュースカイ8号にて空港まで移動。
プロペラ機なので、航空機まではバスで行き、そこから搭乗。
2−2シート配列の小型機です。


定刻に離陸し、大阪湾上空付近を通り、四国へ入ります。
プロペラ機は低いコードを飛ぶため、地上の眺めが良かったです。


1時間で松山入りです。トヨタレンタカーでプリウスαをかり、そのまま今治へ。



しまなみ海道が見える公園です。
展望台から撮影


ここで名物を聞き、近くに料亭で昼食。


そのあと、ぶたたまごめしが有名というので今治市街へ。


今治城


今治駅

今治城を眺めながら、再び松山へ移動。

およそ1時間。近そうで、掛かります。


松山城から松山市内展望

松山城へ来ました。

夕日がきれいです。
瀬戸内海も一望。

ロープウェイは運休のため、リフトであがります。
帰りは二の丸から。



伊予鉄松山市駅を散策し、商店街をぶらり。

伊予鉄松山市駅

松山駅より松山市駅のが中心にあるようです。




松山市駅は簡易ICが設置されています。


商店街
けっこう栄えています。

みかんを調達と思ったが、意外にみかんがみあたらない。。。

その後、日が暮れてきたので道後温泉へ移動。
八千代というところへチェックイン。
それにしても、道後温泉の入り口はよくない雰囲気。


すぐに夕食を出してもらいました。
ビーフシチューが美味しかったです。



夜は道後温泉本館へ繰り出します。
旅館の女将が、せっかく来たなら本館へ行った方が良いというので、8時過ぎなのに行くと、ひとが思ったよりいます。


400円で入れます。商店街も遅くまでやっています。
坊ちゃんだんごの発祥の店にて買い物。
それにしてもこの温泉深い!





これがからくり時計。



道後温泉駅。
駅巡りのたびでもあるw




これが道後温泉商店街





坊ちゃんだんごや




坊ちゃんだんご


旅館へもどり、もうひと風呂にて就寝。



次の日。


足摺岬を目指すので早起き。

7時半に朝食をとり、9時すぎに出発。
松山駅により、JR四国駅を眺めて、松山自動車道松山ICへ。



JR松山駅


駅前


途中、伊予鉄踏切にて、旧京王線電車の5000系電車を発見。
こんなところで懐かしい車両をみることになるとは。

運転していたので写真はない。

松山自動車道、交通量中々多いです。
まあ、片側1車線ですから仕方ないです。

とりあえずは宇和島を目指します。
宇和島までは自動車専用道路で、すいすい来られます。
途中、道の駅によります。
地場野菜や果物を買うことが出来ます。








旅館で聞いたら、道の駅が一番良いといっていた。


宇和島駅。




カメラの望遠機能を駆使。



宇和島には昼前に到着。駅の観光案内で昼ご飯を食べるところを聞き、ここで昼食。



観光案所は結構使えるんです。南予の鯛飯がこれ。
宇和島って南国のよう。


先を急ぎますが、ついに降り出しました、あめ。
これから豊後水道沿いをいくから景色に期待だったのに。。

どんどん激しくなります。

14時過ぎに宿毛駅到着。
一応高架駅でした。


宿毛駅



改札




駅前



滝串あたりも楽しみだったのですが、すごい雨で、素通り。
足摺までの道のりは遠いです。そして、結構険しいみち。
海岸なのに、すぐ反対は山。
足摺サニードーロというらしい。
まるで伊豆半島のようなかんじです。

岬までは27号を行くつもりが、間違って、足摺スカイラインへ突入。
すごい山、ヘアインカーブの連続。霧。雨。風。
悪天候すぎて。。

でもなんとか到着しました。
足摺岬駐車場には、我々の他に車1台のみ。人の気配なし。

後から知ったが、椿祭り期間だったらしい。
しかし、暴風と大雨でそれどころではない。




灯台まで行くのも諦めようと思ったくらい。
でも、もちろんずぶぬれになりながら、傘が壊れても行きました。
まるで台風中継レポートのよう。


白波が立っています。























大雨の中何枚も撮影。



きっと、晴れていたらものすごい景色だったんだろう。

あまり堪能できず、今日のところはこれにて去ります。
帰りの東海岸は、ところどころ、車一台とるのが精一杯の道が続き、
対向車が来たら大変でしたが、何とか逃れ。

27号から321号へでて、そのままひたすら北上。
四万十川を眺め、56号を行きます。
猛烈な雨の中、前が見えない中,結構な速度の流れを運転。

四国は国道なのに、道は狭い、暗い、カーブは多い、アップダウンばかり、、、それにこの雨で神経使う運転、しかも、思った以上に遠い。

やっとの思いで高知自動車道中土佐へ。ここまでくれば、後は走りやすいです。
暗いけど。

頑張って高知市内まで走りまして、伊野ICでおりました。
そこからリッチモンドホテルへ直行しチェックイン。20時。

このホテル、正解でした。良いですよここ。



すぐ夕食へ出ます。ひろめ市場。
ちょっとシステムが判りませんでしたが、店のおばさんに聞き、
好きな店でその都度買って、すきなところを陣取れば良いというシステム。

カツオ、どろめ、くじらを頂きました。新鮮で美味しかった。





ひろめ市場






 次の次の日。

これから更新よてい。


最終日、まずは高知城へ。
商店街を西へ行くとあります。徒歩で移動。




みえてきました。








城へ入り、うえまであがってみます。
高知市内が一望できます。
回りを山に囲まれて、盆地のような地形にあるように見えました。


別の角度から。

続いて、JR高知駅へ。
車で5分ほどです。





思ったより整備されています。

さらに車を走らせ、土佐一宮神社へ。
駅から10分ほどです。






なかなかよいところです。
参拝を終えたところで、高知自動車道高知ICから入り、只管縦断します。

香川県にある讃岐うどんの名店山越うどんを目指します。
1時頃には麺切れの可能性というので、高知から香川まで移動。なんとか、駆け込み的に間に合い、20分ほどの待ち時間で入れました。

きつねとたまごをトッピング。






初讃岐うどん、コシがあるというのはこういうことかと思いました。



次は車で10分ほど移動して

こんぴらさん - 金刀比羅宮

へきました。

車のナビに登録したら、大変なところに案内され、、、
どうやら前々からナビに入れると、間違った場所にエスコートされるとかで、地元の人も困っているようでした。

猛烈に狭い道を進み、引き返すのも一苦労で。



途中でみつけました。 




階段が永遠と続きます。














ここから結果として、間違った選択をしてしまったのです
こんぴらから、時間がないというのに香川駅に来てしまいました。

徳島、高知、香川駅と訪問できました。
高知に中心駅はどこも整備されている印象。



コンコース。

外観。 






気付いたら17:40で、飛行機は20:00。
ナビの到着予定時刻21時。www
写真どころではなく。。
あと5分だったのだが、ギリギリアウトで、最後夜行バスという悲惨な旅であった。





こんなこともある。